定期的にスマホの利用状況を細部まで確認する

スマホは便利なものである反面、精神面が未成熟な子供にとっては何かとトラブルに巻き込まれやすいです。

大人が注意深く監視していなければなりませんが、そのようなことを子供は好みません。家族内の不仲に繋がってしまいますから、大人として最善を尽くす必要があります。

特に、スマホの利用状況を確認することを目的として内部のデータを覗き見るような行為は、実にいただけません。

これをしたばかりにスマホ関連で親子げんかに発展してしまうケースは多いので、可能な限り子供に悟られない方法を採用するのが良いです。

たとえば、パソコンを通じてスマホの利用状況を監視する方法があります。

週に一回程度、スマホに不具合があるか否かをチェックするという名目で子供のスマホを借ります。

続いて行うのは、子供のスマホをパソコンに接続することです。すると、パソコンの画面上にはスマホに保存された各種データ一覧が表示されます。

その中には、ブラウザでアクセスしたサイト情報やインストールしたゲームのセーブデータなどが格納されています。

これらを注意深く見ていき、子供にとって有害なものを発見したのであれば必要に応じて指導することが非常に大切になります。